リアルタイム検索をYahooが開始!

リアルタイム検索

リアルタイム検索 Yahoo

Yahooがトップページとリアルタイム検索をYahooが開始しました。10月16日からです。検索窓の上部にリアルタイムという項目が追加されています。
リアルタイム検索

どんな風に変わったのでしょうか?
Yahooはfacebookとの連携機能を強化しました。トップページ連携とリアルタイム検索の2点。
トップページでは、Yahooとfacebookのを連携させるする。
YahooにFacebookの新着情報が表示されるようになり、facebookの友達リクエスト・メッセージ・お知らせが確認できる。
Yahooとfacebook
facebookのページを表示させてなくても表示できるということです。
Yahooを見ているとお知らせなどを教えてくれるという機能です。

YahooのIDでログインして外部アカウントとの連携する!
Yahooでログインする
ここでfacebookを連携させておきましょう!

私も連携させているのでが、まだ表示されません。順次公開になるのでしょうか?

リアルタイム検索も始まり、Twitterやfacebookの個人ページの投稿が丸見えになってしまう事です。
もし、リアルタイム検索に表示させない方法はfacebookのプライバシー設定から公開範囲を変更する必要があります。
全公開になっているとリアルタイム検索にヒットするようになります。

Yahooのリアルタイム検索にfacebookの投稿を表示しない方法
Yahooリアルタイム検索

今回はリアルタイム検索によってYahooは独自のクローラーを回している可能性が高くなってGoogleとの検索エンジンの提携に終わりが近づいて来ているか?

Yahooの変更で特にSEO的には変わった事はないと思っています。
まだfacebookのデータもまだクロール出来ていないという感じですね。
これから膨大にデータの取得に時間がかかってしまうのも仕方ないです。

今回の変更により、ソーシャルメディアの重要性が浮き彫りになり、ソーシャルメディアを使った告知方法などに向かうでしょう。ソーシャルメディアはプロフィールも重要となりますね。

そして、SEOを考えても今回のリアルタイム検索を考えても氏名検索が重要になってくるのではと思っています。

あなたを検索してもらうように名前で検索されるにしてみてはどうですか?

武藤正隆

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

記事の書き方メールセミナー

600_350_03
ブログやサイトの記事がなかなかうまく書けないと思っている方は、ぜひこのメールセミナーを受けてみてはいかがでしょうか。このメールセミナーでは、ブログの設計図書というレポートを無料でダウンロードすることができます。
ブログの設計図書をもとに、検索エンジンでも評価されるような記事作りができます。

最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  マーケティングは誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。