SEOには関連ワードと類似ワードがある。

1ページ1キーワードは原則です。

あくまで原則なのです。上位表示したいページがあれば関連ワードを少し入れていくことで上位表示ができます。あまりに入れすぎると何を言いたいページか分からなくなってしまうので注意が必要です。

関連ページはGoogleもYahoo!もありますが、今回はYahoo!で見てみます。

これは上部の検索窓の下にあります。
関連キーワード

ここの場所は検索ページ下部にあります。
関連キーワード下
歯科 札幌

なぜ関連キーワードを表示させているのか? 検索のアルゴリズムがこんな検索ワードでも探されたことを知らせてくれているのです。

折角知らせてくれているのであれば、それを使わない手はありません。

Googleキーワードツールを使って記事を作ることはもう常識でもあります。

検索する人はそのワードでなにかの情報が欲しいとか悩みを解消したいとか思っているはずです。

その情報や悩みを専門家の立場で解決できるのであればページを作ります。

その時にはあまり多くのキーワードを入れないことです。Googleは実はとても敏感で何か怪しいことやっているなという事を把握しています。

メインキーワードより、サブキーワードを入れるとメインとサブが交換になってしまいます。

もし、そのようなキーワードで上位表示したい場合は、違うページを作りそのサブページで上位表示を狙いましょう。

冒頭で説明しましたが、1ページ1キーワードです。複合キーワードであれば2つまでです。

ページの作り方はとても微妙です。なぜかというとGoogleは日本中のサイトをアルゴリズムで毎日何万件と調査しています。

特にSEOをやっているなということになれば順位を下げてきます。

その対策としては類似キーワードも織り交ぜることで自然な文章になります。多くは必要ありませんが多少織り交ぜることができるといいサイトとして評価されるでしょう。

今後の主流はワードプレスに変わって行くと思っています。実に簡単にページが更新できる。

ページを更新するということはサイトが新鮮であるという証拠でもあり、検索エンジンにも高評価を与えると共に訪問者にもしっかりしているところだなと思って頂けるのではないでしょうか?

更新が半年も止まっているサイトにはたしてお客様はいかないということです。

あなたもサイトがあったり、ブログがあれば更新を心がけることをお勧めいたします。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)