GoogleのSEO対策は基本が大切

Googleのガイドラインを知っておく方がいいです。どのようなことがOKで何がNGなのかです。

・ウェブサイトは各階層(フォルダ)によって分けられています。その階層をわかりやすくして静的URLのテキストリンクの構造にしなさい。

・1ページのリンク数を抑えなさい(Googleでは100以内を推奨)

・訪問者が見て便利なウェブサイトにしなさい。

・検索されると予想されるキーワードをウェブサイトに入れなさい。

・画像は認識できないのでテキストにしなさい。もし、画像を使う場合はALTで表記しなさい。

・動的URLを使うとGoogleが認識出来ない場合がありますので静的URLにしなさい。

簡単に言うと以上は必ず守った方がいいですね。細かい所はまだありますが、最初の内部対策は以上を網羅するウェブサイトを作成する方がいいとGoogle言っています。

見逃しやすいのは、1ページにそれぞれのタイトルを付けることも勧めています。

ウェブサイトは1ページ1コンテンツなので、ページ事にタイトルも違って当たり前ということです。

同じ、タイトルやディスクプリションでは駄目ですよ。となっております。WordPress(ワードプレス)ではプラグインなどで、各ページに違うタイトルを付けるようにしましょう。初期設定ではどのページも同じタイトルになってしまうので注意が必要です。SEO対策として重複のタイトルは絶対にやらない。

訪問者目線から考えても同じタイトルではマイナスの面しかありませんので必ず変更して下さい。

URLも設定を変える必要があります。初期設定は動的URLで?や=があるURLは動的なので、静的URLに変更しましょう。文字の通りウェブサイトがある限り変わらないURLが静的URLです。WordPress(ワードプレス)は設定のパーマーリンクで設定を変えましょう。

== Googleウェブマスターより引用 ==
わかりやすい階層とテキスト リンクを持つサイト構造にします。
各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意します。
サイトマップ内にリンクが非常に多数ある場合は、サイトマップを複数のページに分けることをおすすめします。

1 ページのリンクを妥当な数に抑えます。

情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述します。

ユーザーがあなたのサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含めるようにします。

重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用します。
Google のクローラでは、画像に含まれるテキストは認識されません。
テキスト コンテンツの代わりに画像を使用する必要がある場合は、ALT 属性を使用して簡単な説明テキストを組み込みます。

<title> タグの要素と alt 属性の説明をわかりやすく正確なものにします。

無効なリンクがないかどうか、HTML が正しいかどうかを確認します。

動的なページ(URL に「?」が含まれているページなど)を使用する場合、検索エンジンのスパイダーによっては、
静的なページと同じようにはクロールされない場合があります。
パラメータを短くしたり、パラメータの数を少なくしたりすると、クローラで見つけやすくなります。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)