ホームページとソーシャルメディア

ソーシャルメディアは友達や仲間とコミニュケーションをとる場所として多くの人が利用しています。

いまウェブサイト制作をする上でとても重要なポジションです。

では、どれがいいのでしょうか? そんな質問をよく受けるようにもなりました。

結果重視であれば、無料ブログでしょう。それは被リンク効果があるからです。FacebookやTwitterは被リンク効果は残念ながらゼロです。投稿にはしっかりとリンクしているのにゼロなの??

あくまで被リンク効果ですよ。

被リンクの効果は以前にも記事で紹介しています。被リンク効果

では、なぜソーシャルメディアが重要なのかはソーシャルシグナルです。

TwitterやFacebookでは気になる投稿があれば、リンクを辿りウェブサイトに訪問してくれるでしょう。アクセス数が上がるということです。

アメーバなどの無料ブログもソーシャルメディアの一部となっておりますが、意外なプラットホームでは「はなてブックマーク」は影響力が強いといわれています。リツイートやシェアでウェブサイトにソーシャルシグナルを送れる隠れたプラットホームです。

Twitterは140文字で表現しなければならない。Facebookも長文は書けるが読まれるあまりなく、2012.Facebookカンファレンスに参加した時にもFacebook社員からも3行まで200文字程度で写真を交えて投稿するのが一番効果があるといわれている。

「はてなブックマーク」は色々な人の情報などがあり、リツイートやシェアがしやすいシステムともなっているのが原因です。

インデックスされるのが早いのもはなてダイヤリーです。相当早いです!! しかし、検索で上位表示はアメーバが強いですね。

アクセスを稼ぐ為にもソーシャルメディアの連携はますます重要です。

ソーシャルメディアは何がいいの? これはその人によってまるで違うので一概言えませんが、最終目標をどこに置くかで使い方が変わってくるでしょう。

友達を作りたい、友達と交流したいと思う方はFacebookがいいでしょう。情報を広めたいのあればTwitterでしょうか?

無料プログで人を注目を集め、Facebookで仲間を集め、Twitterで情報を拡散し、ウェブサイトに誘導するのが私のオススメです。

最終的には自分のコントロールできるプラットホームがなければいけないと思います。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)