SEO会社の選び方!!

Googleは賢いですね。色々と騒がすような発表してアルゴリズムを変更しました。

Google

パンダアップデートは今までは日本語に対応していなかったという事をGoogleは正式に発表しましたね。

今までパンダで順位が下がったという報告を受けていますが
日本語に対応していないのに・・・なぜ、このような事になったのでしょうか?

日本でも、ホワイトハットSEOやブラックハットSEOなどと言われておりますが
内容は、ホワイトハット派の多くが順位が下がったと言われていたように思います。

そして、パンダはまだ日本語に対応していなかったのという発表がありました。
私のアメーバでも公開しています。

なぜ、こんなに騒いでいるかというとGoogleがとても上手だったのですね。
踏み絵とも言える数々のアップデートで
ブラックSEOしているサイトからのリンクを特定でき、そのURLからのリンクサイトに
向けて一斉に警告を出しました。

そのサイトのURLがある限りGoogleはペナルティーを課せているようです。
実際にはどのURLがペナルティーURLかは分かりません。

先日大手ITサイトが隠しリンクがあるとして発表されました。
普通にサイト運営していればよかったのにと思いますが・・・

これが担当者レベルまでいくとそうは言ってられないのも理解できます。
そうはいえども騙しは人としていけませんね。

私の周りでもSEOをやっているのであれば警告文が来るのが当然だ!!
そんなコンサルタントまで出現する始末です。

重要な事はしっかりとコンテンツ作りにSEOを反映させていくコツをコンサルタントは教えるべきなのです。

一番、依頼しては行けないSEO会社はこちらの方でやっておきますね。というフレーズはSEOのことをわかっていない会社かも知れませんよ。

どこのホームページ制作会社もSEOについて語っていますが、日々SEOの専門会社と制作会社では歴然の差が出るのも当然でしょう。

PPCでアクセスを集める手段もあるでしょうが、最終的にはSEOで上位表示出来なければ意味がないのです。

問合せメール

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)