検索エンジンとホームページは一緒に考える

ソーシャルメディアからの誘導は欠かせないのですが、もっとも影響力のあるのは検索エンジンです。ソーシャルメディアとの連携は必要です。しかし、いい投稿をすると劇的にアクセスを伸ばす事も可能です。

検索エンジンの方はいつも安定したアクセスです。あなたはどちらを選びますか?

安定したアクセスを求めるのであれば、タイトル、記事タイトルにしっかりと検索して欲しいワードが入っていますか?

内部対策といわれることです。どんなタイトルにしていますか?

ホームページは出来上がってしまえばもう終わりではありません。

そこからスタートなんです。検索エンジンに拾われて、検索で上位表示するとアクセスが本当に増えるのです。ただ、こればっかりは実感してもらわないと分かりませんね。

検索エンジンはタイトルに書かれているワードを収集しています。
商品はタイトルに書かれていますか?
ブログもそうですが、タイトルに書かれていなければなかなか検索エンジンは認識してくれません。

地方都市ではライバル店がいない事もしばしばですが、SEOの事を知っているライバル店が現れると上位表示されてしまい。あなたのお店はだんだんとアクセスがなくなっていくでしょう。

上位表示されている方は実感されています。なのでホームページやブログのコンテンツを増やすことでライバルに負けない強いホームページになっていきます。

記事を書くことでホームページのボリュームも大きくなり、後発組は諦める他ありません。
もしくわ、ブラックSEOしか方法がないのです。

ブラックSEOはいつ圏外に飛ばされてしまう可能性がありとても危険です。
私は、実験しています。
何をどうすると圏外まで飛ばされてしまうのか?

SEO業界の中でも分かれている点でもあります。
いいコンテンツがあれば、全く問題などありません。
ためになる記事や教えたくなる記事があれば、ソーシャルメディアでの拡散も可能です。

今日のヒント! ブログの場合
検索されるワードには、機種名やメーカー名を入れると検索されやすくなる。

スマートフォンなら機種名とキャリアをいれて、レビューなどを書くとアクセスが集まりやすいです。
新機種のスマートフォンを買いたいと思っているけど、どれがいいのかわからないのです。
ここであなたの意見を発信する!!

使いやすさやバッテリーの持ちなどをブログに書くことで検索エンジンからのアクセスがあります。これが検索されやすいワードをタイトルに入れるということでもあります。

アクセス解析を見ながら記事を書く練習をするとコツがわかってきます。
すると半年後には、自らこの記事で検索エンジンからアクセスさせる方法がわかります。

これをホームページにも反映させて行けばいいのです。
難しい事ではありません。まだまだ活用されていない方が多いです。
ライバルに勝つ為には毎日の積み重ねがとても大切です。

検索エンジンに好かれるホームページやブログを書けるようになると更新が楽しくなります。
狙ったワードで上位表示できるということはSEOを出来ているという事にもなります。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)