パンダアップデートは日本語対応していなかった!

パンダアップデートは今までは日本語に対応していなかったという事ですね。

今まで、色々と騒いでいたのはナンだったのでしょうね??
Googleは日本語をあまり理解していないということも以前から言われています。
今はGoogleも色々と試行錯誤の様子です。

大手から人材を引きぬいて日本語を理解させようとしているようです。

ブログが先に公開しちゃったのでご参照に 発信力です。

記事はとても大切です。同じ人がどんな記事を書いてもある一定の法則があるようです。
いわいる、癖ですね。でます調とである調は有名ですね。

検索の向上の為に検索ワードから除外するストップワードの使い方
助詞や助動詞など「の・は・が・です・ます」が似通ってくるらしいです。

この辺りも調べているようです。そして、そのサイトのリンク発リンクが同じであれば
怪しいという訳ですね。

決定的な事はペナルティーサイトのURLから多くリンクをもらっているとそのURLを外さないかぎり以前の順位に復活しないのではないかと思います。

あるURLを外すともとに元に戻ったという事例もあるようです。

正しいリンクをもらえるようなコンテンツやサイト作りが一番のSEO対策でしょう。

ここからはGoogleウェブマスター向け公式ブログの引用です。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/

Google はこれまで 良質なサイトをユーザーに届けること に力を注いできました。その一環として、2011 年には、通称”Panda アップデート”と呼ばれる アルゴリズムの変更を 英語 や その他多くの言語 において実施しています。この”Panda アップデート”はこれまで日本語や韓国語など一部の言語では実施されていませんでしたが、本日 Google は、日本語、韓国語でも実施したことをお知らせします。

このアルゴリズムの変更では、低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価します。例えば、ユーザーにとってあまり価値のないサイト、利便性の低いサイト、他のサイトからのコピーで構成されているようなサイトの掲載順位は下がります。一方、独自の研究や報告、分析など、ユーザーにとって重要な情報を提供しているサイトの掲載順位はより適切に評価されるようになります。この変更は、日本語、韓国語ともに約 4% の検索結果に影響する見込みです。

このアルゴリズムの変更が多くの検索ユーザーにとって有益なものとなれば幸いです。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)