有料リンクとSEOの関係

SEOによって、お客様の売上や集客につながるような施策をしています。

Googleのアルゴリズムの変更で大きく方が振り回されている昨今ですが、大きく順位を下げた方も多いでしょう。ここで私なりに整理するとこのような事が言えると思います。

従来から有料リンクは駄目ですとGoogleは言い続けております。大きく順位を下げた方は心当たりがありませんか?ここが一番の問題なのです。信用できる業者さんでしたらリンクの意味をしっかりと教えてくれるでしょう

あやふやな解答であれば少し注意が必要です。

リンクは現在もとても重要です。今まではSEOの80%がリンクで順位を決めていたと言われていましたが、その比率は若干下がってとしても70%くらいはリンクだと私は思います。

Googleは有料リンクはとても嫌っています。なぜかというと資金力のあるサイトが上位表示を独占できるからです。ユーザーが本当に調べたいことが表示出来ないからですね。Googleからのお達しも先日ありました。

不自然なリンクを外しなさい。外せない場合は理由を送って下さい。もし、外せないというSEO業者であればその業者を報告しなさいという内容です。

ページランクの高いサイトで有料リンクのみで構成されているようなサイトはGoogleは信用しませんよとも言っています。

逆を返せばリンクは必要だから適当なリンクを皆さん外して下さいねとGoogleは言っています。

有料リンクの分かりやすい例を上げます。バナーやテキストリンクで月額で料金を発生している。広報や自治体も有料リンクです。協賛のリンクも有料リンクです。そう考えると有料リンクは多いと思いませんか?

Yahoo!のカテゴリー登録はこれに当たらないとGoogleは言っております。厳正な審査に対して料金を払っている為に有料リンクには当たらないとしています。苦しい言い訳・・???

では、どうすれといいのでしょう?これまで以上にリンクを集める努力をする事が一番の方法です。札幌 SEOでは今後もこの方針は変わりません。

ホワイトとかブラックとか色々と言われていますが、完全ホワイトでは上位表示は難しいと思います。ニッチなキーワードであれば可能かも知れませんが、ライバルがそのキーワードで上位表示を狙って来たらひとたまりもありません。

多くの人がGoogleが変わったといいますが、基本は全く変わっていません。もし、変わってしまえばGoogleではなくなってしまうからです。Googleが思うリンクの重要性は変わっていないのです。ただ評価の基準が変わっただけなのです。

リンクの重要性は今後も変わる事はないでしょう。

この札幌 SEOでは順位が大きく変動した所は見当たりません。今後はソーシャルシグナルが重要になってくるのだと思うのですが、アクセスがあるからいいというだけではコンバージョン率が悪くなる一方ですね。

ソーシャルシグナルについてはまた、別の機会にと思っています。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)