コンテンツはSEOには重要です。コンテンツの優しい書き方

コンテンツ 重要性

コンテンツを考える時にはどんなことを思って作られていますか?

私は主に下記のマップを書きながら考えるようになりました。
マインドマップ

どこかの枝(ブランチ)で抜け出た所があればそのだけでも十分なコンテンツとして記事を書きます。

SEOではいつの記事でも検索から探してもらえるような記事がベストだと思っています。それにはマップからの枝(メインブランチ)から(サブブランチ)までしっかりと出来上がったら大体が検索でも毎日検索されるコンテンツになっています。

コンテンツの勉強はいつまでも続くでしょう。しかし、検索がされるようになってくるとこれが検索されるから書くということが狙ってできます。

テレビのニュースや新聞でもキャッチできます。そして、ブランチのニュース性などはテレビを見ていないとわからないということもあります。テレビに出るだろうという予想から記事を書く事が出来ればアクセスもあるでしょう。

ただ、その記事がどう役立つかそして、一番は自社の為になるコンテンツかが重要です。コンテンツと言ってもソーシャルメディア的な使い方でアクセスを集める為のコンテンツだったり、バックエンドに結びつける為のコンテンツなのかも重要です。

そして、どのプラットフォームを使って発信していくのかですね。

アクセスを中心に集めるのか? ロングテールで息の長いコンテンツにしていくのかなどです。

コンテンツにはフレッシュ性も問われるので、いつも検索されているコンテンツが新しい情報があれば改訂版として記事にするだけでも二重にアクセスしてもらうる可能性があります。

6本のブランチ全体から数本のサブブランチまですべて埋まったらキラーコンテンツが出来上がるでしょう。

このマップをヒントにキラーコンテンツ目指して頑張ってください。

札幌 SEOではコンテンツの書き方もご指導しております。ホームページの効果的な運用の為にもコンテンツは今後も重要なファクターです。