ホームページ更新の注意点

ホームページ インデックス

インデックス削除について

ホームページは更新していくことが上位表示に重要になっております。更新が滞っているとランクが下がる事が見受けられます。

Googleの内部対策は比較的早く反応するのですが、外部対策は最長で3ヶ月をかけてゆっくりと評価をあげて行きます。

Googleは少ないページのホームページは順位が上がりづらいです。インデックス数です。Googleがページとしてデータベースに登録しているページのことです。

さて、あなたのホームページのインデックス数はどのくらいありますか?

実際に調べて下さい。もし、あなたが狙っている検索ワードがしっかりとページに反映されていますか?

そして、インデックス数はどのくらいありますか?
ライバルサイトが多い場合はその数を追い越す必要があるかも知れません。
インデックスがすべてではありませんが、重要な要素の一つでもあります。

ページ一つとってもGoogleは評価するページとしないページがあります。ミラーページです。重複コンテンツとも言いますが、同じようなページを言います。

一つのページは80%は違うテキストを使うように私はしています。ブログの場合はヘッダーやフッター、サイドバーは同じですね。記事を書けば記事部分だけが新しい記事や写真になるのですが、あまりにも記事のテキスト量が少ない場合はミラーページとして認識されやすいと言うことになります。

全体で100文字程度であればミラーページになってしまう事が多いのではないでしょうか?

重複するページがホームページに存在していれば、一日三回アップしたとしてもインデックスは一つしか登録されないという現象も起きます。

ここからは、間違うと損する。損していることです。

昨年使ったページを今年用に書き換えてしまうとかなりの損をしているのです。折角、インデックスされたページを自ら書き換えてしまっているのです。そして、折角頂いた被リンクもです。

被リンクはなかなかもらえないのに自分から削除してしまっているのです。

ソーシャルメディアなどで紹介されても翌年にはページが存在しないという事がないようにして下さいね。

毎年同じような季節商品がある場合でも、2012年用と2013年用をしっかりと作りこみインデックスさせてホームページのボリュームのアップを目指すことも大切です。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)