ディープリンク構造をうまく使おう!!

ディープリンク構造

トップページではない下の階層にリンクを貼る方法です。ブログ形式やホームページにメニューがあれば内部リンクされているという事なので、ルートドメインにページランクを渡すことにもなります。

サブページにリンクをはるというと一見大変もったいないような気がするがホームページの構造を考えても実は理にかなっている方法なのである。

各ページが集まってホームページが出来上がる訳です。土台がどっしりとしていれば大きな建物も建てることができるです。お城のような土台をイメージして下さい。

だんだんと上に行くほど小さくなっていきますね。この土台がサブページなのです。サブページにリンクを送っておけば災害にも負けない強い構造ができます。

一方、トップページばかりにリンクが集まるとのっぽな建物になるので大きな風でゆらゆらと揺れてしまうのです。

災害とはGoogleのアルゴリズムが多少変わっても恐れる事はないのです。Googleのアルゴリズムは日々変わっています。一喜一憂しないためにも強固なリンク構造を目指しましょう。

サブページにリンクを集める構造を作って行くには苦労する場合もあるでしょう。

そのリンク構造をうまくコントロールするのもSEOの仕事です。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)