検索エンジンマーケティング

企業はインターネットの発展で広告の方法が随分と変わりました。

今までは、お客様に対して、一方的にテレビやラジオ、チラシなどで買いなさいと薦めてきました。
お客様の心を無視した広告展開をしてきました。

大企業になれば広告費も莫大な予算を組んで展開しています。まだ、未だに続けている企業も多いですが・・・

お客様や消費者はもう、一方的なメッセージを受けることに慣れてしまったので、気にならないメッセージはゴミ箱に直行です。

では、どのようなメッセージがいいのでしょうか?

一言では難しいですが、相手の心に届くメッセージです。交流したくなるようなメッセージでもあるのです。

ソーシャルメディアがなぜ、ここまで人気になったのでしょう。

文化や時代が変わっても人の気持などは変わらないはずです。

コミニュケーションは今も昔も変わらないのです。ソーシャルメディアは地域などは関係ないコミニュケーションツールだからでしょう。

規模や販売内容に関わらず、お客様とつながり、満足させる商品やサービスを提供していかなくては生き残り出来ない時代に本格的に突入しています。

人間の本質は変わらない。友達感覚で企業と付き合うことが可能な時代です。

規模が小さい企業は特に意識をしなければなりません。即座な対応はお客様は安心します。メールでの文章が苦手な人もいるでしょう。でも、今あなたができることをあなたの言葉で伝えるだけでもいいのではないでしょうか?

どこから持ってきた文章を出すより、あなた自信の文章の方が効果はあるはずです。

SEOというと上位表示していれば、色々な箇所で上位表示をしていればいいということではありません。

間違ったSEOだと私は思っています。

YouTubeがSEOに強いから動画を作って、上位表示したといっても結果はどうでしょう。

果たして、成約につながるでしょうか?

YouTube動画の目的意識を持たなくてはなりません。広告費を稼ぎたければアクセス数だけで広告費はもらえます。

しかし、ビジネスにつなげたいとなれば話は別なのです。

YouTube動画は上位表示に強いです。タイトルだけ考えれば同じ内容の動画でもタイトルが違えば、上位表示するでしょう。そこにGoogleは対策を打ってくるでしょうが・・・

今は有効です。

上位表示イコール成約率アップではないということです。

冒頭にも、お話しましたが、闇雲にばらまく非効率な広告展開は今後ますますなくなっていくでしょう。

最近の資料では、商品を買う際にfacebookなどの投稿を見て商品を買ったという人がどんどん増えています。

ただ、参考にしたということだけなのです。

決定的な要素ではないという点です。そこから検索エンジンを使い商品を検索して口コミをみたりするのが一般的な行動です。

今、日本はデフレ脱却の帰路に立たされています。ただ、ご家庭の財布の紐は固く将来の不安があるからでしょう。

企業も今までは値下げが主流だったのですが、良い物を高いお金を払っていいということです。

セブンイレブンの高品質ブランドの「セブンゴールド」の金の食パンが売れているようです。

値上げではなく、良い商品を買うお客様に向けて商品を開発したと聞いています。

物の価格を下げるには限界があり、広告費も限界があります。

ソーシャルメディアでのコミニュケーションはあなた次第です。人間の本質は変わらないという点です。

気にしてもらえる存在になれば、その企業や会社のファンになるでしょう。

心を込めてお客様と向き合うことで感動を届けることができるのです。

無料ブログも同じです。

アメブロでもこんな記事を書きました。
http://ameblo.jp/hankoya21/

ブログを運営している方がびっくりして私に一番に報告してくれました。とても嬉しい報告でこの仕事をやって良かったと思える瞬間でした。

でも、これからも精一杯バックアッブして行こうと思っております。