衛星サイトとSEOの関係

http://mutomasataka.com/20130901/ SEO

衛星サイトとはSEOの仕組みを知らなければなりませんSEOは自分のサイトが上位に表示されるようにすることです。現実の仕組みを考えるとちょっと複雑になります。

SEO目的だけで衛生サイトを作っている人もいれば、趣味でブログを作っている人もいるでしょう。

またまた、趣味のサイトに多くのアクセスが集まって、そのブログからのリンクで目的サイト(ターゲットサイト)にも訪問してもらうことで成約率が上がった。

よく調べて見ると検索エンジンからではなく、自分のブログから多くアクセスがやってくる。

ホームページは最終的な受け皿になっている訳です。ランディングサイトとも言えます。着地させたら次の行動を促す。申込をしてもらう。問い合わせを頂く、資料請求をしてもらうなど・・・

そのホームページの本来の目的を明確にすることで訪問者も回遊しやすくなるでしょう。

ただし、一時的に上位表示ができたとしても、放置しておけば自然と下位になってしまいます。

衛生サイトは、もっと効率よくやることができないかと考えられたのが衛星サイトです。ターゲットサイトに対する被リンクを送るサイトとなります。

衛星サイトからメインのサイトへのリンクを張ることになりますから、SEO対策としての被リンク効果も期待することができます。

ただし、これはよほどうまくやらなければ、検索エンジンは被リンクとはみません。

以前は通用したのですが、IPアドレスやホームページの構造なども細かく精査していると思われます。

自分で衛生サイトを作り、自作自演がバレてしまえば、ペナルティーを受けてしまうのです。

衛星サイトはメインサイトの縮小版ですが、あまり内容が貧弱であればユーザーの気分を害してしまいます。

お客を集めるどころか逆効果になるでしょう。

SEOはホームページを作る上で必ずチェックしておかなければならないことです。

情報量が膨大なインターネットですので、検索エンジンの需要はますます上がっています。検索エンジンを使わないと目的のサイトへアクセスすることも簡単ではありません。

自分のホームページの特徴を表現したキーワードをタグの中に埋め込んでおくことはSEOの基本と言えるのですが、そんな単純な作業ではSEOの効果を得ることは難しくなっています。

衛星サイトはこのようなSEO対策の一つのアイデアとして生まれました。

もちろん、斬新的な仕組みではなく、インターネットの仕組みを考えると利用されることが当然と言えます。

この仕組をうまく活用できるかということが重要になります。

検索エンジンも学習しています。人は文章を書く時にどうしても癖が出来ます。自分では全くわからないと思っていても出るのです。

検索エンジンは理解しております。

あとは決定的な理由を探しているのでしょう。同じサーバー内で展開している場合はすぐに分かってしまうでしょう。

その時に有効なの無料ブログです。IPアドレスはまるで違います。同じブログサービスでは意味がなく、違う無料ブログで展開する方が衛生サイトとして活用できるでしょう。