ホームページ公開の課題とゴール設定

Webサイトは訪問者を見込客に導くためのハードルは高い最初に15秒が鍵です。

最初の15秒はどんなWebサイトにも言えることです。15秒というと短く感じるかも知れませんが、15秒はとても長いです。

初めてどこかのWebサイトに行った場合に果たして、あなたは15秒滞在していますか?

キーワードで検索して、訪問して、思った情報がなく、違うサイトに行く場合は5秒と持ちません!
なので、トップのバーナーやキャッチコピーは大変重要な役割を果たします。

昨日もお伝えしました。画像とタイトルですね。アメーバブログ

イメージが違っただけでも、訪問者は離脱(サイトを離れる)します。

複数のWebサイトをもっていたのするならば、イメージの統一をすることが必要とも言えるでしょう。

簡単なことでは、プロフィール写真を統一にするなど簡単な方法もあるでしょう。

次にオファーですが、まず意味は次のようになっています。
オファーとは、「提案する」「申し出る」お客様がその条件を受け入れるか受け入れないかということです。

この商品は1万円です。この商品を買いますか?

この商品を1万円ですが、メールマガジンに登録してくれるとこんなサービスを受けることが出来ますが、この商品を買いますか?

この商品は1万円ですが、今キャンペーン中に付き、20%割引で購入出来ます。この商品を買いますか?

お客様が上記などの条件を受け入れるかどうかがオファーです。簡単に割引ということではありません。

某ネットショップから毎週のように価格を下げて販売しなさい。広告を出しなさい。など電話が的いませんか?

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

割引をして購入する方は、次回は定価で買ってくれる保証などはありません。

最近はみなくなりつつある。雑誌の付録もオファーです。付録が欲しいばっかりに雑誌を購入したことはありませんか?

私はよく釣られます(笑)

でも、次回はまず買うことのない雑誌です。

私も実店舗でタウンページを7年間広告を契約していました。掲載を辞める時はかなり考えました。

掲載をやめても売上を維持できるのか? 電話問い合わせがなくなるのではないか?

結果はまるで変わらないという結果でした。実際にはタウンページの分をどのようにカバーして行くかを実践はしました。

まるで何もしなければ、結果はどうなったかはわかりませんが、その分を予想し別の入口を作ったことで変わらない売上を保つことが出来たのでしょう。

最終的には、経費が削減できたということになりました。

売上の動線を幾つか作っておくことが重要なことになると思います。一つの動線を強く太くするより、細くても複数用意する方が良いと思います。

ネットではこのことは同じであります。

ソーシャルメディアを利用して、複数のプラットフォームから最終目的のWebサイトに誘導する。

ランディングページのことを書くつもりだったのですが、大脱線してしまいました(笑)

==== 続き ===

 

前回は、ランディングページのことを書こうと思ったのですが、大脱線したので今回はランディングページについてです。

ランディングページには、ターゲットと目的、そしてゴールです。

下記の内容が含まれているか? もう一度確認して下さい。ご自身で分からない場合は周りの人に聞いてみましょう!

 

商品やサービスの内容
どうすればオファーを受けることができるのか?
解約やキャンセルはどのように行うのか?
申込フォーム

 

あとは、権威の方からの紹介なども有効ですね。

ゴールの設定がうまく行っていない場合が多くあるのではないでしょうか?

 

いきなり買って下さい。と言っても難しいです。まだあなたのことを知らなすぎます。

他のサイトに行って調べていたとしても、まだ、セールスする時期ではありません。

 

ここで利用するのは、メールマガジンです。

まずは、メルマガ登録をしてもらうために誘導しましょう。もし、登録されたらあなたのことが気になっている状態でもあります。

 

登録後にメルマガは配信されないということがないようにステップメールを利用しましょう!
日本初!使いたい放題、無制限のステップメール「アスメル」

 

ステップメールは設定した文章を毎日届けることができます。

効果が高いとされるのは7日、14日、21日です。事前にどの文章がいつ配信されるかということを設定します。
アスメルでは、最大366日一年間毎日配信することが設定できます。

 

実際に毎日配信されている方もいます。

徐々にあなたのファンになってくれることでしょう。

 

あなたのファンになってもらってから初めてセールスを開始するのです。

面倒と思われるかも知れません。いきなりセールスを開始して売れればラッキーですけど・・

そううまくはいきません。

 

メールマガジンでは、じっくりと説明するのです。

 

商品やサービスの内容
どうすればオファーを受けることができるのか?
解約やキャンセルはどのように行うのか?
申込フォーム
あとは、自分らしさを表現しましょう!

 

メールマガジンは何が有効か? 接触回数が多くなれば、他人から知り合いにそして友人へとなっていきます。

あなたもいくつかのメールマガジンを購読しているでしょう。

 

そのメルマガはどんなメルマガですか? この人のメルマガはとっておこう。この人のはゴミ箱直行!

このとっておこうというメルマガになれば、ファンになってくれています。

 

メルマガの最大の特徴は直接、相手に届くということです。スマホやPCに直接届きます。

相手がゴミ箱に入れてしまっているか。大事に保存してくれているか?

 

時には質問などもして反応をみることもできるでしょう!

 

※ htmlでのメルマガの場合は開封率を把握できます。