出版は難しいと思いすぎていませんか?

今日の話題は出版についてです。
 
出版に興味はありませんか? 私なんか無理。将来的に何時かはと思っている方は今すぐ行動しましょう!
 
先日の出版ブランディングセミナーでもお話させて頂きましたが、大変だけど無理ではありません。諦めてしまった時点でもう前には進めないでしょう。SEOについてもそうですが、コツがあります。文章を書くのは好きだけどという人程、壁にぶち当たるようです。
 
私も偉そうに言っておりますが、初めて書いた時は本当に出版できるのだろうかという不安ばかりでした。編集社の方には本当にお世話になりましたし、勉強になりました。
 
SEO完全ガイド
 
実に簡単に言ってしまうとあなたが出版しようとする本を読んで再現性があるかという点です。ビジネス書の場合は極端な話、読者にはあなたの過去の人生などには全く興味はないのです。プロフィールはいかにその本のジャンルのプロ、専門家であるのかです。そして、その本を買って再現性があるのかという点です。今までの生い立ちを書き、こんな私でもこうなることが出来ましたという内容では読者にとって魅力は半減するでしょう。
 
どのようなビジネスでも仕組み作りが一番重要なのです。
 
この本を買うと売上が上がる。集客できるなど、ニーズをハッキリさせ再現性が高ければ売れる本になるでしょう。当然内容もわかりやすく丁寧に伝わりやすくするということは必要です。
 
なぜ、このような話をしたかというと2014年春に次の出版が決まりました。パチパチ!!
 
次の本もビジネス書となります。集客と売上げアップするためのソーシャル系の本になります。大人の事情で内容は公開はまだ先になります。
 
ブログ記事を書いている場合でもないのですが・・・
 
 

もう一つ報告があります。札幌を中心にコミュニティを作るメンバーとなりました。ビジネスを加速するためのコミュニティです。今まであるコミュニティとはちょっと違います。会員さまの応援するというものになります。ネットの場合は数字で効果がハッキリします。
 
なので、何を母数とするのか? どうやって集めるのか? どのように告知するのか?
 
法人を設立の準備をしています。設立になれば詳しいこともご報告できると思います。
 
楽しみにお待ち下さい。
 
 
メルマガも更新中です

http://my-inc.net/publication-books/

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)