メールマーケティングの変化を感じる理由

aa037

http://mutomasataka.com// マーケティング

次々に登場するソーシャルメディアでどれを利用すると効果があるのかを悩んでいる方は多いと思います。どうせやるなら効果が高く、費用もかからない方が良いわけです。

無料ブログも限定した人には効果が高くなる場合もありますが、もっとも効果が高く売上に直結するのは、長きに渡り活用されているのが、Eメールマーケティングです。

 

メルマガです。

 

メルマガに関しては、多くの会社で取得しているであろうメールアドレスが活用されていません。メールアドレスをマーケッターは「リスト」と呼んでいます。会社や個人で持っているリストをハウスリストととも言います。ハウスリストさえあれば、他に何もなくても継続して事業を行うことができるというくらいの大変貴重な財産なのです。

しかしハウスリストの活用方法がわからずに無駄に終わってしまっている会社がとても多いのです。極論をいうならば、ソーシャルメディアにつぎ込む時間があるならばハウスリストを利用したマーケティングの方がいつまでも使える営業方法となっていることは確実です。

 

10年以上使えるのがEメールマーケティングなのです。

街を歩いていても、お店に行っても、メールアドレスが必要になっています。FacebookのメッセージやLINEのメッセージは、あくまでパーソナルな役割であり友だちとの会話の一貫です。

メールアドレスがないとサービスが受けられない場合もある程です。ハウスリストがあったとしても活用がうまくいっていない人々が多いのです。

 

商品やサービスを申し込んだ時にメールアドレスを記入する欄がありますが、返信があることは皆無です。このような立場で仕事をしているので、ここはどうかなと思いながらメールアドレスを記入しますが、さっぱり音沙汰なしです。

送ることがなければ、記入しないのにと思ってしまいます。リストは時間の経過と共に価値がなくなります。スマホの会社を変えた、メールアドレスを変えたなど何かの理由で使わなくなることも多くあります。

一生懸命にメルマガを書いても届かなければ、それこそ無駄な労力となってしまいます。そうしないためには、定期的にメルマガ配信をしていかなければなりません。

 

配信が不要になった人には、解除をしてもらう。メルマガを始めて配信の回数を重ねていくと、解除される確率も上がります。この解除が怖くて配信をされない人もいます。解除は少なからずあるのが一般的です。

 

mail_magazine-img2

たとえば私が車のセールスマンだとすると、新車を売りたいわけです。すでに違う会社で新車を買われた方は必要のないメールマガジンなのです。解除して当然だと思いませんか。いらないメルマガはさっさと解除した方がスッキリしますよね。解除があって当然なので、メルマガを配信している方は怖がらずに配信を定期的に続けていきましょう。

 

メールマーケティングで重要なのはメールの開封率とクリック率です。どれだけ送っても開封、つまり相手に届いていなければ全くの無駄になってしまっています。そのためには開封率を知っておくことは非常に大切なのです。

クリック率はどのURLがクリックされたを判断できます。一般的に最初の方に書いてあるURLの方がクリック率が高く、下に行くほどクリック率は低いとされています。

 

最近感じていることですが、長々と書いてあるメルマガは読まれない傾向にあります。スマホで見る方にとっては、長いメルマガはストレスに感じているのだと感じております。FacebookやLINEでは、ボタンひとつでコミュニケーションが取れる時代です。

 

じっくり読んで欲しい場合は、ブログやWEBに誘導する。これが今後のトレンドになっていくのではと思っています。最後に誘導したページの到達率がわかれば、インターネットマーケティングの完成系ともいえます。

 

メルマガ配信→開封率→クリック率→到達率→決定率

これが一連のEメールマーケティングです。

 

いきなり、商品やサービスを販売するようなことをすると開封率を下げて、解除率を上げてしまいます。良い情報を知ってもらうためのメルマガにすると決定率が上がるメルマガに育っていくと思います。

 

私が利用している。メルマガスタンドは、アスメルという有料のスタンドを使っています。料金や使い勝手など満足しているサービスになっています。
月間配信数、顧客リスト数、シナリオ数が無制限のステップメール「アスメル」