facebookのいいね! の本当の意味

Facebookページのいいね!の意味はページオーナーとエンゲージしたということです。私の情報をお渡ししますと約束を交わしたことです。

Facebookは自分の趣味や趣向、家族や連絡先などを自己紹介プロフィールに記載していますね。

基本的には真実を申告していると思います。友達とも繋がっているわけですこら偽りは難しいでしょう。

もう一度、Facebookページにいいね!を押すことは自ら私のデータを提供しますよという意思表示でもあります。

その意思表示を受けて、Facebookページオーナーは直接お客様と交流ができるのです。Facebookマーケティングが可能になります。

ページオーナーはいいね!を押した方のプロフィールから傾向を探るでしょう。どんな音楽が好きか、どこの球団が好きか? どんな本が好きかなどがある程度正確に解るのです。

Googleはあくまで予測して、広告を届けますがFacebookは自己申告しています。

Facebookは本人が申告しているのですから信憑性は格段に上がるのです。

インターネットでは色々な広告があります。
PPC広告は否定的でしたが、Facebook広告は最新のダイレクトマーケティングです。

実際に今複数広告を掲載中です。Facebookならではの広告です。趣味や地域を絞り、最後まで私が掲載しているのはわからないので本当のデータが取得できそうです。

同じ広告を出し続けていくと飽きられてしまい。クリック率は激減します。

20回以上の表示は効果が出ないので、いつまでも同じ広告を出し続けない。

PDCAサイクルは広告でも活用しなくてなりません。出来れば複数広告でアイキャッチも変えて目新しさを出すことも必要になるでしょう!

今後のFacebookの行方は広告依存型になってしまうかも知れませんね?

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)