facebookグラフ検索 Graph Search

facebookグラフ検索 Graph Search

facebookが検索エンジンのBingと手を組んだのが昨年6月でした。そして今回グラフ検索という検索方法を米国でリリースされました。

日本版はまだですが、それに似たようなこともありましたので下記に画像を付けておきます。

https://www.facebook.com/about/graphsearch


グラフ検索では、Facebookで自分にシェアされたものを検索することができ、他の人もあなたがその人に対してシェアしたコンテンツを検索できます。検索結果は人によって異なります。

Web検索とは異なり、検索キーワードではなくコンテンツを検索結果を表示します。もし、なければBingからWeb検索で表示されるというものです。

Like(いいね)が付けられたり、Facebookで共有されたりしている外部サイトのコンテンツを検索結果ページを表示する

昨年11月くらいからBingの動向が気になっていたのですが、facebookのグラフ検索の精度を上げる為だったようです。

私のお客様のSEOにおいてはBingでも上位表示出来ていますので問題はないです。

コンテンツ検索といってもどの程度なのかはまだ、わかりませんけどね。

文字数なども検索対象になってくるのではないかと思っています。それとfacebookの説明から判断するとシェアされた記事ということも重要なポイントでしょう。

プライバシー設定は現状のままという状況で投稿者がコントロールできるでようです。

同じカテゴリでいいね!と言っている友達らしいです。

趣味や趣向、よく行く場所などがfacebook何にどんどんデータとして蓄積されているので、データを元にカテゴリ訳され、分類されて表示になるようです。

次なる一歩を踏み出したという感じです。

Bing対策にも拍車が掛かりそうです。