ネット集客はどれが効果的? こんなにもあるネット集客方法!

012

「インターネットで集客したいけれど、どんな方法がありますか?」
「自分に合った効果的なネット集客の方法を知りたい」

とおっしゃる方はとても多いです。また、ネット初心者の方に限らず、ある程度インターネットを活用している方でも、ネット集客の方法にどのようなものがあるのかをよく知らないまま、人がいいと言う方法をなんとなくやっているため、結果を出せていない…という方を多く見てきました。

詳細まで知らなくても、ある程度、ネット集客にはこのような方法がある、ということは知っておきたいものですよね。そこで、今回は数多くあるネット集客の方法についてまとめてみました。

ネット集客にはたくさんの方法がある!

ネット集客の方法はSNSの登場により、どんどん多様化しています。ここでは、その数多くある方法の中から、よく利用される10の方法をざっと紹介します。

1.ウェブサイト

ネット集客の拠点となるWebサイトは、ネット集客を行いたいなら、必ず持っておくべきと言えるでしょう。無料のSNSが盛んになり、Webサイトを持たない人も多くいますが、SNSだけでの集客には限界があります。

また、検索エンジンがコンテンツ重視になったので、ユーザーの期待に応える、良質なコンテンツページを多く備えることが必要です。スマホからのアクセス対策として、Webサイトのスマホ対応は必ずしておきましょう。

2.無料ブログサービス

誰でも簡単に始めることができ、運営者のドメインを間借りできるため、独自ドメインのブログよりはアクセスが多くなり、一見集客力が上がるように感じますが、ビジネス利用が規約にて禁止されていたり、突然削除されるなどのリスクもあります。

無料ブログを使う理由は、主に自作自演のためのリンクを集めるのが基本的な使い方と言っていいでしょう。

3.オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社所有の媒体になります。Webサイトやブログだけではなく、広報誌や冊子のようにリアル媒体も含まれますが、オウンドメディアとしてはWordPressをお勧めします。

WordPressは、無料ブログと同じくユーザーが知りたいページを増やすことが王道です。このようなオウンドメディアを使ったネット集客の方法は、時間が経つほどに集客力が増します。

4.YouTube

YouTubeに動画をアップし、Webサイトに導く集客方法です。一見、敷居が高そうな動画作成も、今では簡単に動画を作成できるツールもあり、初心者でも取り組みやすいでしょう。

テキストで説明するより、動画で説明した方が効果的な商品などに向いています。動画のタイトルのつけ方によっては、Google検索においても上位表示されやすいというメリットがあります。

5.ランディングページ

ランディングページとは、リスティング広告など有料広告からアクセスを集め、1ページで商品購入や資料請求などを促すページのことです。

リスティング広告は、有料にてGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果ページに、検索されたキーワードと関連性の高いサイトを上位に表示させることです。

リスティング広告は、キーワード選定、広告文、着地ページが成功のカギですが、この着地ページにあたるのがランディングページなのです。

6.メールマガジン

メルマガは、SNSなどの発達によりユーザーの情報収集ルートが増えたことによって、過去の全盛期に比べると反応率は下がっています。

しかしSNSと違って、メルマガは1対1でユーザーにリーチできるので、集客方法として使わないのは非常にもったいないです。長文で過剰な宣伝を送りつけるのではなく、1対1の関係を意識し、リンク先を見に行くように誘導しることは欠かせません。

7.Facebook

Facebookは個人アカウントとFacebookページがあり、個人アカウントでの集客はユーザーの利用目的に沿わないこともあり、ネット集客の方法としては弱いといえるでしょう。とはいえ、個人アカウントだからビジネス活用できないというわけではありません。

Facebookページのトップページは検索エンジンにも検索され、検索結果ページにも表示されますので、ビジネス用途として集客は可能です。Facebookページにはページの解析があり、その解析を元にどのような人々がみているのかを判断して、興味・関心のある投稿を心がけましょう。

8.Twitter

Twitterは、拠点となるウェブサイトにアクセスを送る集客方法であるといえます。Twitterは若年層の情報収集ツールとなっているため、若年層向けの商品を扱っているならおおいに利用すべきです。

Twitterは、タイムラインという仕組みでツイートがすぐに流れて消えていくため、ツイートの数と、フォローされている数が必要になってきます。

9. Instagram

Instagramは、最近ユーザー数が増大している画像共有アプリで、画像に特化したSNSといえます。

YouTubeと同じく、テキストよりも画像で見せたほうが効果的な商品の場合に有効ですが、基本的にはTwitterのようにWebサイトにアクセスを送る集客方法となります。

10.LINE@

LINE@は、自分のアカウントと友達になった人へメッセージの一斉配信ができます。メルマガがメールアドレスを収集しないと配信できないのに対して、LINE@ではユーザーから登録される仕組みで、LINEを通じてメッセージを配信できます。

LINEが成長しているので、強力な告知ツールとして利用できますが、配信頻度が多いと解除されるなどのデメリットもあります。

どのネット集客方法が効果的?

以上のように、10のネット集客方法を簡単に説明させていただきました。では、どの集客方法が反応率が高く、効果的な方法といえるのでしょうか? 

反応率はさまざまなビジネス環境によって変動します。それによって反応率は、何倍にもなったり、半減したり、複雑な要素が絡み合っているのです。ですから、ネット集客を行うときに考えることは、どの集客方法を使えば効果が高いのか? だけではありません。

それぞれの集客方法にメリットとデメリットがあり、自分に合うか合わないかもあります。

パソコンに向かう時間があまり取れないのに、FacebookやTwitterなど、投稿数やコミュニケーションが重要な集客方法を選択はできませんよね。また、ネット集客には無料と有料の方法があるので、どこまで自分がお金をかけられるのか? また、ネット集客のために時間をかけられるのか? も重要なポイントとなってきます。

今回は、初心者の方にも分かりやすく、取り組みやすいネット集客の方法についてお伝えしましたが、また各集客方法について詳細にポイントをお伝えする機会を作りたいと思っています。