SEO対策の外部対策(アンカーテキスト)

SEO外部対策は被リンクをどれだけ持っているサイトか?

これはどういう事かと言うと他人から見ていいコンテンツであれば、人は誰かに教えたくなるという事をGoogleは重要に考えていると思われます。

よって人気があるサイトであると判断しているのです。多ければ多いほどいいと言う訳です。

永遠のテーマという事になります。今後はドメインエイジとかIP分散とか話が出てくると思いますが、人気があるサイトは衰退はしないということでもあります。日々リンクが増えるサイトがGoogleの言う良いサイトという訳です。

それを簡単に見分ける方法はページランクという基準があります。

ページランクが高ければいいサイトの証拠でもあるのです。

そう簡単に被リンクを集めることはなかなか難しいです。無料のミニ検索エンジンに登録したりする訳です。

これも一つの作戦ですね。多くの人から人気があるように操作をするという感じですね。

ただ闇雲にミニ検索エンジンに登録してもよくないのです。

どのようにするといいのか? これはアンカーテキストって言葉一度は聞いた事ありませんか?

あなたがいつもプログでやっていることですよ。

<a href=”http://mutomasataka.com/”>札幌SEO対策なら一度相談してみては?</a> 文字で表現しています。下がhtmlで書かれています。
札幌SEO対策なら一度相談してみては?

札幌SEO対策なら一度相談してみては? という所がテキストですね。

よく見るのが ここから とかいう言葉ですが、SEO的には効果は非常に薄いです。

では、私がアンカーテキストを貼る場合は相手がどんなワードで上位表示したいのかを勝手に想像してリンクを送ります。

もし、はんこで欲しいと思うなら「はんこ」で送るでしょう。

アンカーテキストと送られたサイトがの内容が合致した時にGoogleは検索順位を上げるのです。

その時に色々なアンカーテキストから送られて来る方がGoogleは良いサイトと判断します。

アンカーテキストに「はんこ」だけのワードが多すぎるとSEOやっているのでは? と疑う場合もあります。

人気サイトであれば多くの人からリンクが送られて来るので「はんこ」だけなら不自然ということになります。

「私はここではんこを買いました」・「はんこ買ったよ」など色々な言葉でアンカーテキストが貼られるということですね。

記入例:
<a href=”http://hanko.tv/”>私はここではんこを買いました</a>
私はここではんこを買いました

このように書くと違ったアンカーテキストで送られてくるので自然なリンクとされます。

ですので、ここからとかは相手のためにはならないという事も覚えて下さいね。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)