SEOはインデックス次第

SEO対策ではインデックスされていないとウェブサイトがないのと同じです。

折角懸命に作ったページでも登録(インデックス)されないと全く検索エンジンにはこの世にないページとして知られません。

ただ、私の場合は となっております。

検索エンジンのロボットに全てのページをインデックスしないようにしています。目的は全て完成していないのとコンテンツ量をインデックスさせる前に多くしておきたいためです。

現在の検索エンジンはコンテンツ量を内部対策では多くの加点があります。それを完成前に公開してしまうとコンテンツ量が少ないと判断されて検索順位が下がってしまうからです。と同時に外部からの被リンクはすでに付けております。

これも上位表示のためですね。初めてインデックスされる瞬間で1位表示できるかが決まります。

その後は適度な更新をするということです。適度とは私が思う適度は4日をメドとしています。

当初は毎日の更新が必要な場合もありますが、私の体験によるものです。

ウェブサイトの更新は見る側にとっても大切な情報ソースでもあります。新商品が入荷したとか? セール開始とか色々ですが・・・

どんなホームページでも更新がされていなければ信頼感に欠けるでしょう。Googleはその辺もお見通しなのです。

何ヶ月も更新がされていないホームページはよろしくないのです。検索してあなたが求めていた商品を発見したとしましょうか?

しかし、ホームページは6ヶ月も更新されていないと・・・

不安になるでしょう。本当にあるのかな〜

違うホームページを探すのではないでしょうか?

ホームページも立派な営業マンです。24時間情報を公開してくれているのです。

ウェブサイトはテキストと写真で構成されているのが一般的ですね。雑誌のような構成が好まれているようです。

リアルな店舗に行けば、あれこれ直接聞けるのですが、ホームページはすぐに聞くことができません。

管理者がよく質問されることをQ&Aにしたりまとめている訳です。とても大事です。なのでページ数が少ない場合やコンテンツが少ない場合でも多くできる所でもありますね。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)