ブログでSEO効果を上げよう!

SEO対策では通常ウェブサイトの順位を上げる事が一般的ですね。

その時に私がお伝えするのは、無料ブログを作りましょうといいます。

SEOでは衛生サイトとかサテライトサイトとかいいます。

なぜ作るのか? 有名なブログサービスはとにかくインデックスされるのが早いということです。

通常のウェブサイトの場合は翌日とか3日後とかになる場合もあります。

アメーバ・FC2・シーサー・Bloggerなど多くあります。ページランクも7がほとんどです。

知っているようで知らないGoogleのブロガー(blogger)はページランクも8です。

これから始められる方はブロガー(blogger)がいいかもしれませんね。トラックバックがないくらいで普通のブログサービス同じです。

ブロガー(blogger)とアメーバでどちらが早くインデックスされるか実験中です。

これもSEO対策の一つでもある被リンクを集める作業でもあります。

衛生サイトだからといって毎日更新する必要はありません。一定の記事を書いていればいいのです。

一定の記事は投稿数でもあります。そのブログのコンテンツということにもなりますね。

Googleでは同じようなウェブサイトやブログから被リンクをもらうと効果があるとされています。

衛生サイトでお仕事の近況などを書いてブログをアップするとインデックスされて、送られた方は加点されるということになります。

ブログの場合は1記事アップすると1ページという計算方法になります。したがって100記事アップすると100ページから被リンクされるということになります。正確には120にも80にもなったりするのですが・・・説明が長くなりますので割愛します。

なので、お気に入りなどに正しいアンカーテキストでリンクを貼るとリンクが送られて被リンク数がふえるということになります。

ただし、同じURLから送られてくるので弱い被リンクになることは仕方がないということですが、リンク送ってマイナスな点はないでしょう。

私のアメーバは現在2090ページがインデックスされている状態です。ページランクは3というブログです。

ブログは近況を伝えるにもとても気軽にアップできますし、早いインデックスが期待できるのでなるべく利用する方がいいですね。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)