SMOの必要性

ソーシャルメディアが浸透してくるまでは、検索結果を上位に上げて訪問者を呼び込むことを狙っていました。

ほとんどの企業で上位表示対策は当たり前になっています。その対策に時間と費用を使っています。

Googleのアルゴリズムは新規ドメインの評価を一旦下げるエンジンもあるようです。短期間で上位表示対策は今後も難しくなってきています。

ソーシャルメディアの時代であり、今後はしばらく続くと思われます。ウェブサイトで行うネットマーケティングはよりソーシャルメディアを通して拡散していくのです。

SMOはそのソーシャルメディアで取り上げてもらうための最適化なので多くのクチコミをもらえるコンテンツの作成が重要で、多くの反響をウェブサイトに誘導することでSEOより短時間で効果を上げることが可能なのがSMOです。

SMOは基本無料のプラットホームを使用します。ウェブサイトと連携するソーシャルボタンの設置が多くなっていますね。

当ウェブサイトもそうです。SMOのソーシャルボタンです。
ソーシャルボタン

効果測定も容易に出来るのも特徴です。いいねの数やプラス1がそうですね。クチコミが広がっている証拠でもあります。Facebookのいいねボタン等はコンテンツの評価とも言えるボタンでもあります。

だれが見てもすぐにわかる効果測定でもありますね。そしてSMOはこの数字を大切にすることなのです。

Kloutスコア(クラウトスコア)という指数もあります。どのくらいの人にリーチしているかを図るツールですが、使い方を間違うと本当の意味ではなくなってしまうのでご注意して下さい。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)