SMOでもタイトルと本文は重要

SMOでもタイトルはとても大切です。そのコンテンツに興味が湧くか湧かないかを判断してクリックするかスルーするか決めてしまいます。

本を買う時でふらっと寄った書店で本の表紙を見て買うはずではなかったのに買ってしまったという経験はありませんか?

私はちょくちょくあります。タイトルそして目次を見て購入という風にタイトルだけで買っちゃうパターンもあります。

本のタイトルと同じように心惹かれるタイトルはSMOにおいても重要です。

ソーシャルメディアからリンクをもらえる方法のテクニックでもあり、A・Bチェックのように内容が同じなのにクリック率やリンク率も大きく変わってくることは間違えありません。

タイトルが斬新だとか、ユニークだとかで人は判断して友達に教えたいかなどを判断します。SMOで大切な事はあくまでコンテンツであり、雑誌のような写真入りで誰でも分かるような説明ページはリンクしてくれる可能性が高いでしょう。

ウェブサイトのコンテンツでもそうですが、人の悩み事やハウツーそして情報提供はリンクしてくれる要素が高いです。「◯◯◯に悩んでいる人」「◯◯◯する方法」「◯◯◯の最新情報」などは良いコンテンツが多いです。

情報が多すぎるインターネットの世界ではあなたが正しい情報を流してくれる人とわかったら、どんどんリンクしてくれるのです。Facebookで言えば、いいねやシェアをしてくれると言うことです。

タイトルも誰に向けて見て欲しいのかをタイトルで表現できればより効果が高いと思います。

お客様向けでどんなお客様なのか? プロファイリングをしたターゲット層に向けてタイトルを考える癖をつけるとライバルには負けないウェブサイトに仕上がります。

SMOでもSEOでも同じなのですが、本当にもったいないタイトルを付けている人が多いです。

誰に向けて記事を書いているのか?  どんな人に読んでもらいたいのか?  少し工夫して記事を付ける練習をすると効果は必ずあります。必ずですよ。

1ページ1テーマで実践してみてください。興味の引きそうなタイトルで記事であればSMO効果も高くなるでしょう。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)