ソーシャルメディア時代の記事の書き方!

 
記事は1つの話題を1つの投稿を基本とします。記事を書いていくと話題が複数になり、話題がボケてしまうことがあります。
最初に思い描いた話題ではなくなってしまう場合がありませんか?

 
1つの話題であれば、検索エンジンにも好影響といえるでしょう!
複数な話題になれば、検索エンジンにも良い影響とはいえません。

 
専門的な記事と個人的な記事は織り交ぜていくのが、最近のソーシャルメディア時代でもあります。
ソーシャルメディアでは、個人の顔を出していくことが必要になります。

 
なぜ個人を出さなければならないのか?
 
ソーシャルメディア時代ではあなた自身を知ってもらわなければならないからです。
休日はどのような過ごし方をしているのかなどを知ってもらう。

 
あなたの専門性や信頼性からは一見すると違うと感じるかもしれませんが、読者があなたのことをよく知ってもらうためにも必要です。
 
ソーシャルメディアを通じてあなたのことを理解してもらうと信頼もしてくれるでしょう。
信頼をしてもらうことであなたに共感をして仕事につながる可能性は高くなります。

 
関係を作り上げるには人から好かれる必要があります。
人から好かれる個性や趣味があることで信頼を勝ち取ることができるでしょう。

 
ソーシャルメディアではコミニュケーションが大切です。
あなたの投稿や記事に対して、コメントをもらったら直ちにコメントに返信するように心がけましょう。
 
しかし、業務時間などでは逆にあなたの信頼を失う場合があります。
 
返信をもらった方は嬉しいかもしれませんが、ソーシャルメディアではあなたと相手だけのやり取りではありません。

 
その記事や投稿を第三者がみています。
業務時間中に返信するということは本業をそっちのけで返信しているように感じるでしょう。
そうなれば、信頼を勝ち取ることなどは出来ません。
コメントを1つ返すにも第三者がいることを忘れてはいけません。

 
コメントをするもう一つの理由として、あなたが関心のある人、関心のある記事や投稿に対しては積極的にあなたからコメントをする。

 
その投稿を見てあなたのサイトに訪問する可能性が増えるでしょう。
検索エンジンからのアクセスも大切ですが、あなたが他の人の記事や投稿に対してコメントをすることでアクセスがあつまるという循環が生まれ新たなファンを獲得できる可能性が上がります。
 

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)