ソーシャルメディアとSEOの関係!

ソーシャルメディアとSEOは基本違います。何が違うのかというと間接的か直接的かです。ソーシャルメディアは間接的であり、直接的なのはSEOです。

先日の記事でVSEOの話もしました。動画SEOですね。YouTubeにタイトルと内容で簡単に上位表示ができます。

強いサイトを持っていなくても、簡単に上位表示できます。しかし、強いサイトを持っているとYouTubeに頼らなくても上位表示ができます。

SEOがうまくいかない! 強いサイトがない方はYouTubeの利用をオススメします。YouTubeはGoogleの傘下ということで最近はSEOに強くなっています。

SEOで上位表示しているサイトがあれば、そのサイトから同じようなタイトルで書いてしまえばYouTubeには負けないでしょう。

検索エンジンで上位表示出来ない方が動画SEOと言っているように思います。

ソーシャルメディアは情報を拡散させることが簡単です。この拡散ができることで今まで情報を知らなかった人に対して、リーチできることになります。看板をいくつも出すイメージでしょう。

間口を増やすとか露出度を上げることに効果があります。そのコンテンツが良ければ、リンクを貼ってもらって初めてSEOに効果が出てきます。

facebookでいうと自分の友達まで情報が拡散しますね。その情報を見た方がリンクを貼ってくれようなコンテンツであれば最高の結果が生まれます。しかし、実際は難しいというのが現状でしょう。

ソーシャルメディアというのは少し疑問がある。アメブロですが、アメブロには読者登録という自然な形で相互リンクを行なっています。記事がアップされると登録者のブログに最新記事として表示されます。これがSEO的にはとても効果が理由です。

facebookはリンクを付けて記事を投稿しても、リンク効果はないですが、アクセスは送られてきます。これがソーシャルメディアSEOです。

Googleもアクセスがなければ意味のないサイトとして、評価を下げるでしょう!

ソーシャルメディアSEOは被リンク効果ではなく、アクセスの量を確保するのに重要という点です。私の感覚ではアクセス数より滞在時間と回遊率を重視しているのではないかと思います。

少しでも役に立つと思いましたら、サイト上部にあります。
facebook・twitter・Google+・はてブのボタンを押していただけますと今後の励みになります!