思いの伝え方のコツ

文章で自分の思いを相手に伝えることは本当に難しいですことです。

それを解消するにはまず、書きまくることです。

出版も控えているので、最近は本当に文章を書くことが多くなりました。

文章はとても難しいですよね。自分の思いと文章が一致しないということが、歯がゆさを感じてしまいますよね。私もいつもそう思いながら書いています。

決して、私も上手ではありません。このブログの過去記事などは、恥ずかしくて読めません(笑)

でも、一つだけ私が理解できたことがあります。

それは・・・

丁寧にその場の状態や伝えたい事を読んでわかるように書こうと心がけています。

そして、なるべく短くまとめることです。

ブログを書く時でも、メルマガを書くときでも、なるべく、わかりやすいように書いていくことです。まだまだ、私は書けていませんが、その点は注意しています。

私はSEOで仕事を請け負っているので、このキーワードで検索されたいと思えば90%以上の確率で検索されます。でも、このブログは最近は今、感じていることや思っていることを書こうと思うようになっています。

SEOやインターネットマーケティングについては他のブログで書いています。

文章を書いて、人に見られるというのは、最初はとても恥ずかしいですが、あなたが情報を発信しなければ誰も気づいてくれません。

毎日書かなくてもしっかりとファンはあなたの更新を楽しみにしています。

文章はうまい下手ではなく、あなたの思いを文章にできれば立派な情報発信となるのです。

その思いが強ければ、強いほど、共感を得ることができるでしょう。

ブログやメルマガは受け取り側に考えさせているような文体になっているとこの人の言っていること「本当かしら」と思われてしまいます。

あなたの思いなのですから言い切りましょう。たとえ、それが月日がたって変わったとしても今、自分が思っていることを書くことが良いのです。

インターネットの時代になり、誰もが情報を文章として発信できる時代です。益々、文章力が問われているといってもいいでしょう。

書くことが楽しくなければ、伝え方もうまくなります。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)