SEOで有利なポイント

SEOにおいて有利と思われる点

    ・ページランク
    ・ドメインエイジ
    ・インデックス数

まずは、ページランクについてですが、関係ないと言われる方もいるかも知れませんが、
私の思っている事です。

ページランクは0から10まであります。

Facebookは9です。Yahoo!は8です。Googleも8です。そもそもなぜランクを付けているのか?

関係がなければランクは必要はないですよね。しかし、現在でもページランクはあります。

検索順位には大きくは影響しないとは思いますが、ページランクも加点されると考えています。

Googleページランクは3が「普通のサイト」と言えるでしょう。

まずは普通のサイトを目指すというのが、初めの第一歩です。

次は、ドメインエイジ(ドメイン年齢)です。

先月オープンしたお店と老舗と言われる歴史が長いお店では信用力は違うと思うのが普通ですよね。当然長い方が信頼できる。

ただし、歴史があるからいい商品やサービスを提供しているとは違います。

7年以上がサイトが1ページ目に多いという特徴もあります。どんなに頑張ってもこの歴史は古くすることができません

中古ドメインということで売買されているという事実もあります。一般的には売買しているドメインは、買う前のサイト内容と買った後のサイト内容がまるで違うので加点どころではなく、ペナルティーという噂もありますが、インデックスされる前にしっかりとしたコンテンツがあればページランクは同等かワンランク下ということがわかっています。

最後は、インデックス数です。サイトのページを検索エンジンがデータベースに登録されたページ数をインデックスといいます。

基本的にはサイトのページ数と同等となります。ページ数が多いと加点となると思われますが、アルゴリズムのアップデートによりコンテンツに乏しいサイトはペナルティーを受けているようです。

いいコンテンツがあれば各ページの露出度が増えるのでSEO的にも有利といえるでしょう。

インデックスはどのように増やすのかは、コンテンツページを1ページ1ページ作っていくしかありません。いいコンテンツで魅力的なページ作りが上位表示を実現させる方法です。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

武藤正隆

著書 儲かるFacebookの投稿講座(ソーテック社)・はじめての稼げるホームページ作り[最新版](秀和システム)・見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座(ソーテック社)・YouTubeでビジネスを加速する方法(ソーテック社)・検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド(ソシム社)