ソーシャルメディアがSEOを変える

ソーシャルメディアはSEOにも影響するようになっています。一部はソーシャルシグナルだけになってしまう場合もありますが、アクセス数はSEOに欠かせない要素の一つです。

ソーシャルメディアの中には検索エンジンにヒットしやすいプラットホームもあり活用した方が全体のウェブサイトに好結果をもたらすのです。

ソーシャルメディアから適切なリンクが貼られると被リンクして有効でもあります。これらの被リンクが増えれば上位表示も可能になるのです。

FacebookやTwitterでは、被リンクとして効果はありませんが、検索結果にも影響しないのですが、アクセス数が上がれば効果はあると考えます。

ソーシャルメディアを活用する事は今後は重要になってくるのは間違いありません。

そして、ソーシャルメディアの発展によって購買行動にも影響が出ているのです。ソーシャルメディアは使っている人の生の声が聞けるという特徴がクチコミサイトでは信憑性に欠けるのでソーシャルメディアを投稿を見て購入するといった事は今後もっと盛んになるでしょう。

そして、ソーシャルブックマークからのアクセスは無視できません。

SNSでも、Facebookページや個人のプロフィールは検索されるようになりました。

ソーシャルメディアの最適化をSMOといいますが、SMOはこちらでも説明しています。

簡単に言いますと、ソーシャルメディアから多くのアクセス(トラフィック)を集める事がSMOであり、アクセスを集めることは上位表示も有利ということになります。

ブログやソーシャルウェブで記事などが紹介されると多くのリンクが集まる可能性があります。これはナチュラルリンクと呼ばれ、自然に集まるリンクをGoogleは評価しています。アンカーテキストも自然にバラけるとより良いとされます。